そもそも酵素ってどんなもの?酵素をとるとナゼいいの?

みなさん「酵素」や「酵素ダイエット」という言葉はもうお馴染みですよね。

でも「何となく酵素が良いのは知っているけれど…“酵素とはどんなものか”や“なぜ酵素が健康や美容において注目されるのか”は良く分からない」という方、意外と多いのでは?

そこで、そんな方のため、ここで“酵素”や“酵素のメリット”について軽く迫ってみたいと思います。

酵素のイロイロ

酵素とは、要は“タンパク質”の一種。植物や人を含む動物、さらには微生物などあらゆるものの中に存在してその生命活動をサポートする“動植物が生きるうえでなくてはならないもの”です。

なお、一般的に酵素は、私たちのカラダの中に元々備わっている2つの酵素「消化酵素」と「代謝酵素」、そして食べ物に含まれる「食物酵素」の3つに大きく分けて考えられます。

そこで、まずはこの3つに分けられた酵素の特徴をそれぞれ見ていくことにしましょう。

「消化酵素」

消化酵素は、生命活動の中で特に“消化”に関わる酵素です。

消化とは“食べた物を体内に吸収し、エネルギーとして利用しやすい形に細かく分解すること”。

分子が大きすぎるせいで胃や腸の細胞壁を通ることができない糖や脂質といった栄養素を細かく分解、体が吸収できる形にする働きが消化であり、それに欠かせないのがこの消化酵素の働きです。

「代謝酵素」

一方の代謝酵素は“太りにくい体づくり”の味方。

摂取した栄養をシッカリと体内に取り込み、それをエネルギーに変える働きをしてくれるのが代謝酵素です。この代謝酵素の働きが良い人ほど、取りこんだエネルギーの利用が効率よく進むため“太りにくく痩せやすい”とされています。

「食物酵素」

酵素は、体内でつくられるものだけでなく食物の中にも存在、それがいわゆる食物酵素です。

食物酵素は、生の野菜や果物、発酵食品といったものの中に特に多く含まれています。

酵素不足だとどうなる?

上記の通り酵素は、消化や代謝などを助けてくれる存在。

呼吸や体温維持、思考などにも関わっており、美肌作りやダイエットなど美容面においてもこの酵素の働きが欠かせません。まさに酵素は日々の健康と美容の土台と言っても過言ではないものなんですね。

ただ、困ったことに体内に備わっている潜在酵素は、加齢や生活習慣の影響で体内から減少していってしまう! そうなると当然ながら、カラダに色々なトラブルが現れるようになってきてしまいます。

例えば…消化不良。

消化酵素が不足すると栄養の分解が進みません。すると食事の栄誉をカラダは上手く活かすことができなくなってしまいます。その結果生じるのが、体力・免疫力・思考力などの低下。さらに消化不良は胃腸や肝臓に負担をかけるため食欲不振や肌荒れといった問題も起きてきます。

また、代謝酵素が足りなくなると、栄養がスムーズにエネルギーに変換されない状態に。
すると(カラダはエネルギーを効率的に使えず)使われず余った栄養が脂肪としてカラダに蓄積されるようになり、結果、太りやすく肥満リスクを高めることになっていきます。

つまり酵素が不足すると、健康や美容に困ったことがたくさん起きてくるということ! 

元気で若々しくあり続けるには、体内で酵素がしっかり働いていてくれることが非常に大事なのです。

あなたの体内酵素は大丈夫?

カラダに存在する潜在酵素の量や働きは、年齢と大きく関係。

40代、50代…と、年齢が上がるごとに体内で酵素を分泌するチカラが低下、その働きも弱まっていきます。

また、若くても安心はできません。寝不足つづきだったり、ストレスを溜め込んだり、偏食をしたりしていると、やはり酵素の働きは低下。様々なトラブルが現れてきます。

元気・若さの鍵は、体内酵素が活発に働いていてくれること!

酵素不足かも…と思った方は、今日から“酵素”を大事にする生活を始めていきませんか?

酵素を大事にしていこう

  • 生の野菜や果物をあまり食べない
  • 脂っぽいものや甘いものがやめられない
  • ファストフードやインスタントの利用頻度が高い
  • 食事の時間が不規則/食べてすぐに寝ることが多い
  • 寝不足/ストレスの溜め込み/タバコ/深酒をすることが多い

これらは酵素の働きを悪くするNG行動!

当てはまる項目が多い方は“酵素不足”に気を付けて!

こうした生活ばかりしていると、酵素の分泌力・働きはどんどん低下していきます。

酵素が活発に働けるよう、今日からちょっとずつでも生活の見直しを図っていきましょう。

さて、酵素を大事にするために、まず必要なのは…上記で挙げたような“酵素の減少や活性低下を招く行動”を避けること!

それから“酵素を多く含む食品”の摂取です。

酵素を多く含む食べ物をとることは“体内酵素の活性にプラスになる”と考えられているため、加齢やストレスなどで弱った酵素の働きを補うためにも、食物酵素は積極的にとっていきましょう。 

酵素が摂れる食品といえば、何といっても生の野菜や果物。

レタス、キャベツ、セロリ、大根、生姜、キウイ、バナナ、アボカドなどは特に酵素を多く含むので積極的に食べると良いですね。

これらには食物繊維も豊富。タップリの食物繊維をとると腸内環境が整い、さらなる酵素活性につながります。

なお、酵素ですが、熱に弱い性質があるため食物酵素をとるなら加熱調理には要注意。酵素摂取のためには、生野菜などを多めに食べるよう意識することがオススメです。

そして発酵食品!日本で昔から親しまれている発酵食品“味噌、納豆、醤油、漬物”は意識して食べたいもの。キムチやチーズ、ヨーグルトなども日々の食卓に取り入れていくのがオススメです。

酵素は、私たちが生きていくうえで大切な存在。

ぜひ元気のため、さらには美肌作りやダイエット成功のため、日々の生活のなかで“酵素”を意識し「体内酵素を大事にすること」や「体内酵素を助けるために食物酵素をとること」を実践していってくださいね。