むくみ解消には酵素が役立つ。鍵は老廃物を排出

朝、眠りからどう目覚めたかで、その日一日の過ごし方って変わってきますよね。スッキリ目覚めがいいと、体も気持ちもなんとなく元気に過ごせる気がします。
でも逆に、なかなか起きれない、ようやく起きたら体がダルい、鏡を見たら顔がむくんでる・・・今日はやる気も元気もでない・・・出掛けるのイヤだなぁって、思ったことありますよね。特に女性には多いんじゃないでしょうか。

いつも体がむくんでいる人も、急なむくみに悩んでる人も、その原因がわからなければずーっと悩み続けなければなりません。そんなの嫌ですよね。

なぜ体がむくむのか、その原因は何なのか、そしてむくみの解消に役立つ酵素って何なの?そのポイントをおさえて、むくみ知らずの体を手にいれましょう。

むくんでいる状態とは

むくみは、体内の細胞がずっと水分に浸かっている状態のことです。この水分は「間質液」とよばれ、体内の細胞の間に必要な水分で、老廃物を体外に排出する役割があります。

様々な原因によって、血液の流れが悪くなり間質液が体内に残ってしまうと、水分とナトリウムが体内に貯蓄してしまいます。すると、腎臓の働きにが阻害され、ますますむくみが悪化してしまうのです。

むくみに気づいたときは既に遅く、体内の水分量が許容範囲をオーバーして、腎臓にもかなりの負担がかかっているのです。

そもそも何でむくむの?

  • 体が冷え性になりやすい
  • きつい下着を着ている
  • アルコールを飲み過ぎてしまう
  • ストレスが多い
  • 不規則な生活が続いている
  • 脂っこいものや、塩分の多い食べ物を好んで食べている

などの体の不調。これらが原因で血液の流れが悪くなり、体がむくんでしまうのです。

むくみには3つのタイプがある

むくみには3つのタイプがあるので、その原因と症状を比べてみましょう。

水分の過剰摂取による水毒

間質液が体内の水分として残る状態を「水毒」といい、とりわけ女性がなりやすいとされています。

体を動かさずに、水分ばかり取っていたり、また胃液が薄まって胃腸の働きが弱くなった人も、水毒になりやすいです。

塩分や水分が腎臓にたまっている状態の水毒

脂っこいものや、塩分の多いものばかりを食べ続けたり、不規則な食生活を続けているとなりやすいです。体に力が入らない、ダルいなどの症状は足や腰にも現れ、腎機能が低下すると足がむくみ、最悪の状態になってしまいます。

冷え性からなる水毒

体内の循環が滞り、ホルモンバランスが崩れると、痩せにくくなったり、生理不順や生理痛などの症状があらわれます。運動しても汗をかかなくなると、代謝も悪くなり水毒になってしまいます。

むくみの解消に役立つ酵素

体内には2種類の酵素が存在します。ひとつは消化酵素で、食べたものを消化するときに使われる酵素です。

もうひとつは、代謝酵素で、代謝を助ける役割と、体内の余分な水分を外へ排出する役割があります。むくみに大きな効果があります。

酵素があるから安心と考えて暴飲暴食をすると、その多くは体内の消化酵素に使われ、代謝酵素として使われなくなってしまいます。酵素には限りがあるので、どちらかに偏った役割を果たすことは良くありません。

消化や代謝が正常に行われないと、体重が増加したり、不健康になったり、肌がボロボロになったりします。

むくまないための食材

塩分の過剰摂取は本当によくありません。もし摂取し過ぎたなぁと感じたときには、塩分を上手に体外に排出してくれる栄養素を取り込まなくてはいけません。

ではどんな栄養素があるのでしょう。

サポニン(むくみを解消する)

キュウリ、トマト、ケール、生野菜など。

カリウム(塩分を排出する)

芋類、ナッツ類、海藻類。
特にバナナは、中くらいの大きさ1本では約540mgも含まれている。

ポリフェノール(抗酸化作用により血液がサラサラになる)

アントシアニン、イソフラボンなども含む。
黒豆、大豆、ブルーベリー、コーヒー、納豆、カカオ、生姜、赤ワインなど。

ビタミンB1(糖質の分解を助けて血液がサラサラになる)

豚肉、豆腐、ほうれん草、ごぼうなど。

ビタミンB6(タンパク質の分解を助けて血液がサラサラになる)

大豆、にんにく、バナナ、まぐろ、さんま、カツオ、赤身魚など。

たくさんの栄養素を一度に取れる食材

  • バナナ(カリウム、ビタミンB6)
  • 豆腐(ビタミンB1、ポリフェノール)
  • 大豆(ビタミンB6、ポリフェノール)
  • ほうれん草(カリウム、ビタミンB6、鉄)

これらはスーパーなどでも手軽に買うことができるし、調理しなくても食べられるものもあるので、冷蔵庫に常備しておくといいですね。

むくみ解消には漢方薬も効果あり

・ボウイオウギトウ
水太りしやすい、胃腸が弱い、肥満症の方におすすめ。

・ゴレイサン
水を体に溜めやすい、腎臓が疲れやすい方におすすめ。

腎臓の機能が低下すると、聴力の低下にもつながり、加齢とともに、難聴やめまいを起こす人もいます。