体調不良などの症状、その原因は酵素不足かも!

「なんだろう・・・このだるさ」

こんな症状ありますよね。

特に体を動かすようなこともしてないし、疲れるようなことしてないし、原因がわからない。

それを未病(みびょう)と言います。医学用語ですが、東洋医学では、病気まではいかないけど、ほんの少しは病気になるかもしれないという状態のことです。

大したことはないから、と諦めてはいけません。それが病気でもそうじゃなくても、体は健康を取り戻す必要があるのです!

体内酵素不足が引き起こす症状

あなたが当てはまる症状はありませんか?

  • 肩こり
  • 便秘
  • 冷え性
  • 関節痛 
  • 腰痛
  • 生理不順
  • 倦怠感(疲れる、怠いなど)
  • 耳鳴り
  • めまい
  • 不眠症(なかなか寝つけない、夜中に目が覚めてしまう、など)
  • 胃腸の不快感(胃もたれ、胃痛、腹部の膨満感、おなかがはる、など。)

酵素が不足することにより、老廃物が体に溜まりやすくなって、新陳代謝の機能の低下や、免疫力も低下につながるのです。

便秘、胃腸の不調、肌荒れ、そして血液の流れも悪くなり、肩こり、腰痛、最悪の場合には病気になる可能性もあります。

また酵素が不足するだけで、自律神経の働きにも影響を与え、結果として、寝つきが悪い、夜中に目が覚めてしまうなどの睡眠障害を引き起こす原因になります。

酵素不足が引き起こす5つの病気

酵素が不足すると様々な症状が、体にあらわれることがわかりました。それらの症状は、大したことがないと放っておくと、大病を引き起こすかもしれません。

  • 糖尿病
  • うつ病
  • 肝機能障害
  • 不定愁訴
  • ロコモティブシンドローム(運動機能が急激に低下する症状)

など。

どの病気も年齢問わずかかってしまう、こわい病気です。

ロコモティブシンドロームとは、普段の何気ない行動でも、激しい動悸におそわれてしまう病気です。また、運動不足、夜更かし、不規則な食生活などもロコモティブシンドロームになることが報告されています。

酵素不足は万病の元です。覚えておきましょう。

うつ病の原因は酵素不足

多くの人が、うつ病は主にストレスが原因だと思っているはずです。もちろん間違いではありません。しかし、ストレスはほとんどの人間が受けていますが、その人たち全員がうつ病かと言われればそうではないでしょう。

うつ病になるかならないかは、ストレスを跳ね返す力が発揮できているかどうか、ということなのです。

人がストレスを受けると、体内に活性酸素が発生し、それは免疫力によって除去することができるしくみになっています。

酵素が不足してしまうと、免疫力の機能が低下します。すなわち、ストレスをうまく処理できなくなって、人間の体内では活性酸素が発生し放題になってしまうのです。
人は適度なストレスを感じることで、強くなり生きています。適度なストレスや刺激は、メンタルの強化にも繋がります。

体内で、ストレスを上手く処理できないと、免疫力の低下だけではなく、それが引き金となり様々な病気になってしまいます。

酵素不足を解決する食生活

食事中に心がけていることはありますか?

  • よく噛んで食べる
  • 腹八分で食事を終える
  • 早寝、早起き
  • 酵素を多く含む食品を意識して食べている
  • 補助食品として、酵素ドリンクやサプリメントを摂りいれている

昔からよく言われる「よく噛んで食べましょう」は、本当に大切なことなんです。1口で30回は噛むようにしましょう。

戦前の時代を過ごした人たちは、一度の食事で1300回以上噛んだのに対し、現代人は、一度の食事で600回ほどしか噛んでいないというデータがあります。おもしろいですね。

この違いには食べ物の違いが一番の理由ですが、それとは別に理由があります。

何度も噛んでいると唾液が多く出ます。この唾液の中には「唾液アミラーゼ」という、消化酵素がどんどん分泌されます。この酵素はとりわけ、炭水化物の分解に効果を発揮するとされています。

よく噛んで食事をすることを心がけて、酵素が消化を助けてくれて、食べ過ぎ防止にもなって、腹八分目で食事を終えることができます。一石三鳥なんてすごい!

よく噛んで食べることも大切ですが、何を食ベルのか、ということはもっと大切です。好きなものや、柔らかいもの、味の濃いものばかり食べないようにしましょう。

酵素を多く含む食品としては、お刺身、生野菜、生のフルーツなどがあります。また日本独特な食品でもある、味噌や醤油、漬物、納豆などを積極的に食べるようにしましょう。乳製品もいいですね。

酵素を多く含む食事メニューに改善し、よく噛んだ食事を心がけ、腹八分目で食事を終える、さらに、酵素サプリメントや、酵素ドリンクなども取り入れていく。これだけで、血液がサラサラになり、体は健康を維持することができます。

体内の酵素だけでなく、積極的に外からも酵素を取り入れ、元気な毎日を送りましょう。