週末に賢く取り組む“プチ断食”のススメ

最近、雑誌やネットで取り上げられることが増えている「断食」。

ダイエットのため、デトックスのため、美肌効果を狙って…などなど、キレイを目指し断食にトライする女性は、このところ多くなっていますよね。

ただ、本格的な断食にはプロのサポートが必要。素人が下手に断食に取組むと、体調を崩したりリバウンドしたりしかねません。

そこで、今回ここでご紹介するのは、もっと手軽にできる週末だけの“プチ断食”!

比較的簡単にトライできる“プチ断食”ですが、効果は抜群で美容・健康に色々なメリットが期待できます。

カラダをキュッと引き締めることはもちろん、デトックスや新陳代謝アップを望むことができ、加えて断食で胃腸の負担を軽くすれば腸内環境の改善効果も期待可能。

腸内の調子が改善すれば、痩せやすい体質になれたり、免疫力のアップができたり、さらには…便秘や便秘からくる肌荒れトラブルなどの悩みにも嬉しい変化が期待できます!

断食というと「辛そう/大変そう」というイメージが一般的。皆さんの中にも「自分にできる自信がない」という方があるかと思います。

でも、このプチ断食なら“食べない期間はたった1日だけ”。

やってみると意外とラクに乗り切れるので「このところ食べ過ぎたかな…」とか「最近、いまひとつ元気がでず疲れやすい」といった方は、この“プチ断食”、いちど挑戦してみてはいかがでしょうか。

では、さっそく“週末プチ断食”の基本方法をご紹介!カラダに負担をかけないための“断食日前後の注意点”もシッカリお教えしますね(土曜に断食するプランです)。

土曜に断食するなら“金曜から準備”を!

断食は段階的に取組むことが大事。急に食べるのをやめたり、急に食事を元に戻したりすると身体がビックリしてしまい、断食の効果がうまく得られません。断食をするなら、その前後の食事にも注意が必要です。

土曜に断食をするなら、金曜から断食に備えることが肝心。外食やお酒を楽しみたくなる金曜日ですが…翌日のため、そこはぐっとこらえて! この日は、お酒や脂っぽい食事、砂糖たっぷりスイーツやカフェイン飲料は我慢して消化の良いものを食べましょう。

○断食本番の土曜日は水分摂取に気を付けて!

土曜日は断食本番。この日に大事なのは、いつも以上に“水分摂取”を心がけることです。

普段は、飲み物だけでなく食事からも水分を得ているわけですが、この日は食事をしません。

よって、意識して(いつもなら食事から得ている分の水分を)補給する必要があるのです。いつもの1.5倍くらいを目指し水分をとっていきましょう。

なお、飲むものですが、水・ハーブティーのほか、スムージーや酵素ドリンクといった置換ドリンクの利用もオススメ(断食初心者の方には特に)。こうしたものを利用すれば空腹感に苦しまずにすみます。

○一番大事なのは実は断食後!

断食の効果を引き出すうえで最も大事なのは、実は断食をした後の“回復期”の時間。

断食期間が終わったからといって直後に元の食生活に戻してはいけません。カラダがその変化に対応できずビックリしてしまい、リバウンドリスクが高まります。

そのため断食効果を活かすには、この回復期の過ごし方こそ実は何より肝心。一般的に、通常の食事に戻すまでには“断食期間の2倍の時間”をかける必要があるとされているため、1日断食をしたなら、その後少なくとも2日間(日曜・月曜)は、胃腸に負担をかけない生活を心がけてください。

さて、回復期の食事としてピッタリなのが「おかゆ」です。また、豆腐やヨーグルト、野菜や果物、そしてスムージーなどもGOOD(味付けは薄めに!)。はじめは量も少なめにし、徐々に普段通りに戻していくのがコツです。

○最後に

ここまで効果的な“プチ断食”の方法を紹介してきましたが、いかがでしたか?
断食というと苦しく難しそうなイメージを持っていた方が多かったのでは…と思いますが、スムージーなどを利用しながら週末に行う“ゆる~いプチ断食”なら、そんな皆さんも「これならできそう!」と思われたはず。ぜひトライしてみてくださいね。

ちなみに、こうした“プチ断食”は頻繁に行わなくてOK。月に1回…それが難しければ時々でかまいません。ムリをせず、自分の体調や仕事のスケジュールなどに合わせながらやっていきましょう。

また、皆さんの中には、断食によって「筋肉が落ちてしまうこと」を心配されている方があるかもしれませんね。肉や魚といったタンパク質をとらない断食中、どうしても体重とともに筋肉量が落ちやすくなるのは確かに事実です。ただし、それは一時的なこと。

食事を普段通りに戻すにつれ、すぐに回復するのであまり気にしなくて大丈夫ですよ。

とはいえ、頻繁に断食をして極端に筋肉量を減らしてしまうと、代謝効率が悪くなりムクミやすくなるなど、今度はデメリットが目立ち始めるので要注意。

なお、今回取り上げた1日だけの“プチ断食”は身体への負担が少ないので、断食中でも軽い運動をすることができます。

カンタンな筋トレなどにも併せて取組むと筋肉維持・リバウンド回避になるのでオススメです。

断食は、正しく取り組んではじめて、ダイエット、カラダのリセットや免疫力アップなど色々なメリットが得られるもの。

上記でも触れたように、断食は身体をビックリさせないよう段階的に賢く取組むのがコツです。よって、断食をしてみようと思われた方は、必ず今回ここで紹介したやり方などを参考に、ムリのない方法で実施するようにしましょう。

そうすれば、ダイエットはもちろん体調や肌の調子の向上など、納得の効果が実感できるはず。

断食道場にいったりキツイ空腹に耐えたりしなくても可能な“プチ断食”、興味をもたれた方は試してみてください。