55㎏を40㎏台にした3つの秘策とは?

40代、50代になり…「太ってきた」また「若いころと違って思うように痩せられない」と感じている方、多いのではないでしょうか?

そこで…そんな皆さんのため、158㎝55㎏だった50代主婦の私が、ダイエットで49㎏に痩せたプロセスを、今回ここで大公開したいと思います。ズボラな私が成功したダイエット方なので、これを参考にしていただけば、きっと皆さんも年齢に負けずにダイエットできるはず!

さて、私がダイエットのためにやったのは“たった3つのこと”です。

「食事」・「エステ」・「効果的な入浴」私はこの3つの方法で痩せました。

では、ここから早速その3つについて説明していくので、興味ある方はぜひ読んでくださいね。

1つ目のポイント「食事」

痩せる第一歩は、やはり“摂取カロリー”のコントロール。

体調を崩さないようにシッカリ必要な栄養を取りながらも、食べ過ぎを防いで摂取カロリーを抑えなくてはなりません。そこで私はダイエット中、次のようなニューをとっていました。

寝起き

まず、はじめは朝の一杯の“お白湯”から!

カラダが温まって消化が良くなるうえ、朝食の20分ほど前に白湯を飲めば空腹が抑えられ、朝食の食べ過ぎを防ぐこともできます。

朝食

朝食は抜かずにシッカリ食べるのがオススメですが、かといって食べすぎは当然いけません。では、何を食べるのが良いか…色々悩んだ結果に私が辿り着いたのは、“日本ならではの発酵食品”と“タンパク質”の組み合わせでした。

具体的には「甘酒」や「お味噌汁」に「豆乳」や「プロテイン」を加えて飲むという朝食スタイル。

人肌に温めた豆乳を甘酒に加えたり、甘酒や豆乳にプロテインを加えたり、塩分控えめのお味噌汁(豆腐入りだとタンパク質がさらにとれてなおヨシ!)を飲んだり…、これを続けていくと、まず格段にお通じがよくなりダイエットに「◎」! 

さらに肌の調子も良くなるという嬉しいオマケもついてきます。

おやつ

ダイエット中も私は間食をしていました。

食べたいという欲求をムリに抑え込むと、そのイライラで(疲れた脳が糖分を要求し)むしろ食欲が増しかねないので…我慢は逆効果だと思うんですよね! 

ただ、かといって…自由に間食を続けていたらダイエット成功は遠ざかるばかり。

そこで、私はオヤツにルールを2つ設けました。

まずは“時間”です。時間は消化の働きと関わる大事なポイント! 

私は糖質・脂質タップリのものを食べるときは必ず“3時よりも前に”をルールとして決め、それを過ぎたら…体に負担をかける食事は控えるように徹底、これは今も守り続けているんですよ。

それから、もう1つのルールは“我慢しない日”を作ること。

1~2週間に1回、カロリーを気にせず好きなものを思いっきり楽しむときをあえて作りました。ダイエットをしていてもケーキバイキングにいったり、話題のカフェで生クリームたっぷりスイーツを堪能したり、そんなこともしていたんですよ! 

そんなことをしていたらダイエットが進まないだろうと思われるかもしれませんが…

でも「甘いものは3時まで」のルールを守り、そして普段のオヤツを“ナッツやヨーグルト、ドライフルーツやチョコレート1かけら”などと控えめにしていれば、ちょっとくらい自分を甘やかしても大丈夫。

意外なほど、太らず…ちゃんと痩せていけるんです。

夕飯

夕食もカギとなるのは時間です。

寝る直前に食べるのは絶対にダメ!

就寝中は胃腸の働きが低下するため、満腹状態で寝ると消化が上手くいかなくなってしまうためです(それに胃腸が消化のために働いているときに寝ようとしても、よく眠れませんしね)。

だから、少なくとも睡眠の3時間前には夕食を済ませるようにし、なるべく量も控えめに! もちろん上記でも触れたように、3時以降は糖質・脂質を抑える必要があるので…、私はサッパリした蒸し料理やお鍋をよく食べました。

2つ目のポイント「エステ」

正直、この年になると自力でのダイエットには限界があります。

痩せにくくなるのはもちろんのこと、若いころと脂肪の付く“位置”が変わってくるので、ただ単に体重を落とすだけでは“キレイ”を目指すことがとにかく難しいんですよね……。

私の場合も、どうしても“二重顎”がなくせなかったため(顔がスッキリしないと、いくら体重を落としても痩せて見えないので困ってしまい)あるエステを利用しました。

「コルギ」です!

コルギとは、骨を刺激してズレを治し、リンパの流れなどを良くしてくれる韓国式の小顔マッサージのこと。

小顔矯正ができ、即効性も期待できると友達が勧めてくれたので試してみたところバッチリ効果が得られました。

リンパの流れが良くなると肌の調子もよくなり一石二鳥。自力で頑張るだけでなく、こうしたプロ技を取入れると結果が違う! 大人のダイエットでは、エステなどにも…ちょっとは頼っていいと思います。

3つ目のポイント「入浴」

毎日のお風呂も工夫次第でダイエットタイムになります。

私がやったのは、湯船に“入る・出る”を3分ずつ“3回”繰り返すことで発汗を促すという方法。これは「高温反復法」と言うんですよね。具体的には「3分つかる」→「3分あがる(この間に髪や身体を洗う)」→「また3分つかる」→「3分あがる」…という入り方をします。すると交感神経が刺激されて燃焼効率もアップ! 面倒ですが、試す価値アリですよ。

なお私は、(毎日はできなかったのですが…)こうしてゆっくりお風呂に入った後にストレッチも併せて実施しました。足首の曲げ伸ばしをしたり、仰向け姿勢で脚を上げたり下げたり(天井に向けて足を伸ばす→キープ→ゆっくり降ろす…これを繰返す)、こうした軽いストレッチが意外と効く! オススメします。

まとめ

食事とお風呂の入り方をちょっと意識して、エステをプラス。この3つのポイントを実施するだけで50代でも無理なくダイエットができました。「この年齢じゃもう無理…」と諦めている皆さん、まだまだ大丈夫です。ぜひ、理想の自分を目指して頑張ってみてください。